22年前の話

  • 2018.06.04 Monday
  • 19:47

 

 

 

 

  ↑ 22年前のサルベーションアーミーのドミ ↑

        (南京虫パラダイス)

 

 

1人の気弱な男性から聞いた話。

 

 

彼は大学を出た後、就職せず

ワーキングホリデーでカナダへ。

 

カナダから帰国後はインド、カルカッタを目指した。

 

ただでさえビビりな性格。

 

安全の為、インド初日の宿は空港側の良い目の宿をとった。

 

翌日からは勇気を出してお決まりのサダルストリートへ。

 

サルベーションアーミーに泊まりながら

毎日、マザーテレサの死を待つ人の家に通った。

 

マザーテレサのボランティアが終わればあとはフリータイム。

 

ぷらぷら外に出て歩いている時に

ストリート生活をしている家族と知り合う。

 

母親とまだ小さい息子ふたりの家族。

 

息子のうちのひとりは病気だった。

 

『治療しないの?』と聞くとお金がないとの返事。

 

だから金をくれと。

 

『そのお金で治療するの?』と聞くと

 

治療しても無駄だから治療費よりも生活費にすると。

 

 

それを聞いた彼は

薬を買って数日分を母親に手渡した。

まとめて渡せば転売したりするだろうとふんで

3日分程度を『必ず飲ますように』と言って渡した。

 

数日分の薬を飲み切った頃

その家族のいる場所へ。

 

子供に薬を飲ませている事を確認して

また数日分の薬を手渡す。

 

『ジャパニ。そんな薬はいらないから金をくれ。』

 

母親は何度もそう言う。

だけど薬だけをまた数日後持っていった。

 

その度に毎回同じやり取りの繰り返し。

 

『薬飲ませた?』

『ジャパニ、金』

 

その次も、その次も、その次も。

 

 

ある日、ついに母親の堪忍袋の緒が切れた。

 

『金をくれって言っているのに!!必要なのは今日の金だ!!あんたがやっている事は迷惑だ!!もう来るな!!』

 

それでも彼は薬を渡し続けた。

 

お金を渡す事は1度もなしに。。。

 

 

 

そうするうちに子供の病気がよくなりだした。

 

引き続き、薬とビタミン剤を渡した。

 

 

 

その家族と知り合ってあっという間に1年が経った。

 

その頃には子供の病気はほぼ治っていた。

 

 

彼は1年間、自分の納得がいくまで

何かの決着がつくまで

貯めて持ってきた金を使いくずしながら

マザーテレサのボランティアだけをしてすごしてきた。

 

マラリアにかかって死にかけ

体重は40数キロでガリガリになって骨が浮いていた。

 

そんな彼についに日本に帰る時が来た。

 

 

彼が真っ先にお別れを言おうと決めていたのはその家族だった。

 

いつも金金言いながら悪態をついてきていた母親の所へ。

 

 

 

 

『日本に帰るからもう来ないよ』

 

 

 

言葉足らずな彼にとってこれ以上、付け加える言葉はなかった。

 

そうか、帰れ!帰れ!とでも言われるのかなと思っていた。

 

 

ちらっと母親の顔をみると

目には涙があふれていた。

 

『ありがとう、ジャパニ。ありがとう。ありがとう、ジャパニ、ありがとう・・』

 

 

ずっと同じフレーズを言いながら大泣きしている。

 

 

じゃあ行くから、と言って背を向けても

母親はわあわあと声をあげて泣いていたそうだ。

 

彼は日本に帰国した。

 

 

 

 

 

 

そんなガリガリだった彼も

今は大変ふくよかな体型に。

 

体型は変わったけど

今もまったくキャラは変わっていない。

 

今はヨルダンに住んで

活動をしている。

 

 

 

わたしの旦那さんのむかし話でした(^^)

 

 

 

 

 

 

 

はじめてのインド 6

  • 2017.08.24 Thursday
  • 04:51

 

 

インドには見向きもしていなかったはずの友達の

突然の出し抜きインド。

そして帰国。

インドにかぶれにかぶれた友達が

今、わたしたちの目の前に。

 

写真をみせてくれた。

写ってるインド人の説明を聞く。

エピソードなど。

どれもこれもすごい写真。

生のインドが写ってる。

 

そして聞きたかった事を聞いた。

まず

 

Q どうしてインドへ行ったのか?

 

A 君たちから日々インドの話を聞かされてた。

  で、ある日入った本屋で何となく、っていうかそれは運命だけど

  インドのガイドブックを手にした瞬間、稲妻が走った。

  ふぁーーー!と呼ばれたね。インドに呼ばれた。

  インドの道端の牛の写真、インドの道端で行水している人の写真みたら

  ふぁーーー!となって、気付いたらチケット買ってた。

 

 

Q インドどうだった?!?

 

A いや〜〜〜、インドはインドだね。

  行ってみればわかるよ〜。

  インドはいい! いや〜〜〜、インドはいいよ〜、君たち!

  も〜〜〜、インドに恋したよ、わたしは〜〜〜♡

 

 

Q お腹壊した?

 

A 壊したね。でもそんな事よりも、も〜〜〜インド最高!

 

 

Q インドのどこが良かった?

 

A それは行けばわかるよ。

  っていうか、行かなきゃわかんない。

 

 

まるで

何故そのアイドルのファンなの?

と質問して得られる回答のごときやり取りの中でわかった事。

 

インドは楽しい事。

その魅力は実際に行ってみた人しかわからないであろう事。

 

それだけははっきりと理解した。

 

インドに呼ばれる・・・。

わたし達、呼ばれてないからまだ行けてない・・?

インドに呼ばれたい・・。

インド行きたい・・。

てか、行く!!!

 

わたしだって、もう、インドに呼ばれてなかろうがなんだろうが、インド行く!!!

大事なのはインド豆知識じゃなくて、インド行きの航空券だったんだ!!!

 

やっと友達のお陰で

『夢の国インド』→『現実の国インド』へとシフトした。

ウダウダしてなかなか準備が整わなかったインド旅行を決行すべく

エンジンをかける事に。

 

でも、すぐに出発!というのは無理で

そこから旅費が貯まるまでは日本にいました。

 

ビザMAXの半年、インドへ行く。

 

まず親に宣言。

 

『友達と一緒についにとうとうインド行くから!』

 

『ふ〜ん。大丈夫なの?』

 

『すでに友達が行ってて無事に帰ってきてるから』

 

『じゃ〜行ってくれば〜。ツアーで1週間くらいで行くんでしょ?』

 

『いや、個人旅行で半年行ってくる』

 

『はい?よしなさい、ツアーでいきなさい』

 

結局、ここはクリア。

 

 

その次は荷物問題。

 

初めてのインド旅。リュックひとつ。

 

半年間背負う荷物なので極力軽くする為に厳選せねば。。。

 

旅の荷物のリスト作り。

そしてアウトドアショップへ旅グッズを買いに。

 

厳選に厳選を重ねて購入したアイテムの中には

その後、まったく役に立たないアイテムも。

 

その筆頭が、1番の優れものと大感動して購入した水を浄化するペン。

超ヤバイ水、池や川の水さえも水中にペン先を付けてクルクルと回し続ける事によって

細菌も寄生虫も除去できるという素晴らしいアイテム。

これはインドで絶対に必要!と鳴り物入りでリュックに収まったけど

カルカッタで1回使っただけで終了だった。

何故なら単にミネラルウォーターを買えば済む話たし

浄化し終わるまでのクルクル時間がすごい手間。

なおかつ、どんなに頑張ってクルクルしたからといっても

元をただせば超ヤバイ水。

とても飲む気がしないという、そもそもな問題が…。

 

逆に何の気なしに

『これも一応・・』なんて

リュックに忍ばせたたった1つのカップラーメンが後々、救いの神に変身するという事も。。

 

冬のダージリンに行く計画もあり、寝袋なども購入。

 

そうして無事に資金も貯まり

やっと中学生の頃からインド、インド言って

夢にまで見た国、インドへと旅立つ事が出来ました。

 

 

 

          

 

 

 

 

はじめてのインド 5

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 17:14

 

 

驚愕しつつも羨望のまなざし・・・

 

追い打ちをかけるように彼女は

 

 

『ビリー吸ってい?』

 

 

出たよ、ビリーって・・・

しかもビリーの中でも人気と噂に聞く501ガネーシャ柄。

どこまで・・・どこまであなたはインド仕様?

 

重症のかぶれ具合…

だけど…

だけど、素敵すぎる…✨✨✨

 

この人はインドの大地をその足で踏み

インド人まみれの列車に乗り…

手づかみでチャパティーを食べ…

インドの空気を直に吸ってきた人なんだ…

 

 

わ〜〜〜✨✨✨

 

 

いったい向こうで、どんなインド人と出会って

どんな経験してきたの?

インド人に騙された?

お腹壊した?

何があったの!!!!てか、そもそもなんでインド行ったのさ!!!!!!!

 

聞きたい事がありすぎて

でも目の前に広がる生インド感にアワアワして

まともに質問できない状態。

 

そこに彼女のお手製チャパティーの登場。

なにこれ、なにこれ、ウマーーーーーーーーイ!

料理上手な彼女。

すっかりインドのおふくろの味をマスターしてきたようだった。

 

彼女が近くにいるのに、遠い!!!

彼女にジェラシーを感じるどころか

ただただ彼女がまとう『インドオーラ』と

持ち帰った『インドアイテム』の放つ本物感にやられてしまっていた。

 

 

        

             ( わ〜、長くなりそうです(^-^; )

はじめてのインド 4

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 15:33

 

 

頭の中は

えーーー!ナンデ?ナンデ??(?_?)

がぐるぐる…

フワフワしながらインドへ行っている友達の帰りを待った。

 

 

そしてついにとうとうその友達からの電話が鳴った!

 

 

 

『インドから戻ったよ〜ん。今から家においで〜。インド土産あるし〜。』

 

 

 

そんな号令がかかり、急いでチャリで彼女の家に向かった。

 

 

 

 

わたしたちは玄関で彼女を見てたじろいだ。

 

 

完全にオーラが変わってる! それに!!

 

 

 

ルックスがインド人化してる‼‼‼

 

 

 

 

…… 日焼けしてインド人のように真っ黒になっていて目だけ光ってる!

…… 痩せて足が棒のよう!(インド人足と命名)

…… ルンギー着用してる!

…… 手にはヘナ!

 

 

彼女はひと夏の間、インドを旅しただけで、怖いほどにインド化していた。

 

 

『あ〜・・いま、チャパティー焼いてるし、チャイも淹れてるんでとにかくあがって。』

 

との第一声。

 

 

 

とにかく・・ とにかく、彼女の部屋にあがることにした。話はそれからだ。

 

 

 

って、部屋に入ってびっくりΣ(´∀`;)

 

 

 

お香が焚かれた彼女の部屋にはタブラが鎮座している!

ちょっと習ってきただかで軽く叩いたりして鼻歌を歌っている・・・

 

まじだ・・・ まじで彼女はインドに行っていたんだ・・・

 

 

そして…

そしてこれが

長年、噂に聞いていた 

 

インドかぶれ

 

状態なのね・・・

 

すごい・・ほんもののインドかぶれのひとだ・・・

 

 

 

インドから持ち帰った彼女の荷物から漂う

なんともいえない匂いと共に

自称インド通のわたしたちの目の前には

リアルなインドが広がっていた。

 

 

 

            ( この先もお付き合いしてくれる人、よろしくお願いします (^-^; )

 

はじめてのインド 3

  • 2017.08.20 Sunday
  • 17:11

 

 

 

 

そのショッキングな事とは・・・。

 

 

 

それはある日、一緒にインドを恋焦がれた友達と一緒に

 

近所の、やはり中学生からのクラスメイトである別の友達の家へ遊びに行った時。

 

 

友達は不在だと、友母さんから告げられた。

 

『うちのこね〜、今、インドに行ってていないのよ〜』

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

・・・。

 

 

 

はい? どこ行ってるっておっしゃいましたぁ〜?(わたしたち)

 

 

え?いや、だからインドよ〜、インド!(友達母)

 

 

 

 

 

 

・・・(゜-゜)(゜-゜)・・い

 

 

・・・(゜-゜)(゜-゜)・・・いんど・・ですか・・・?

 

 

・・・ぽーっと立ちすくむインドフリーク(自称)のわたしたち。。

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生の頃に運命的にインド仲間となったその友達とわたしは

インド話で何年も盛り上がってきた。

 

そんなわたし達に、いつも苦言を呈する存在があった。

 

その友達いわく

『もっと先進国に目を向けたら?』

『インドみたいな暗くて汚いような国なんかじゃなくさ〜!(-"-)若いんだからさ〜!君たち!』

と、散々言われてきた。

 

その度に

『え〜〜〜!!!インドってすごい面白い国だよ〜!!インドっていうのはね!あのね、あのね・・(*'▽')』

とインドの魅力を語って聞かせてきた。

 

『ぜんっぜん!わからない!!(>_<)』

・・というやり取りをしていたはずの友達が。。。

 

 

『あの娘はいま、インドですよ〜』と聞かされ、わたし達は立ちすくみ・・。

 

 

 

寝耳に水。

インドに興味があるとも、今度行くねともわたしは聞いていなかった。

(インドは好きじゃないとは聞いていたけど)

 

何事が起ったのか。何故彼女はインドへ行ったのか。

インドフリークの我々は今もなお日本にいて、インド未体験。

インドに関心がなかったはずの彼女は、今現在、インドにいる。

あのインドに!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

ええええ〜〜〜〜〜〜〜〜っっっ Σ(´∀`;)

 

 

 

 

 

 

とにかく、、、、

 

 

とにかく、その友達がインドから帰国するのを

わたしたちは妄想しながら待つしかなかった。

 

 

 

            

           ( まだまだ続きます(^-^; 良かったらお付き合いくださいませ  )

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

再び参加中(^_-)-☆

再び参加中(^_-)-☆☆

再び参加中(^_-)-☆☆☆

私もいつも読んでいます( *´艸`)

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM